IMG_8595.png
Projects

Infini

持続可能で環境に優しい

​ファストファッションのための

​素材開発

プロジェクト期間:

パートナー企業:

​チーム:

2017-2018

Triwool

Porto Design Factory

Savana Pires,Ines Oliveira, José Luis

Kyoto Institute of Technology

Kaho Bando, Marina Okawa, 

​Anselm Bucher

サーキュラーニット製造を専門とし、多くの主要な小売店やブランドにそれらを供給する企業であるTriwoolは、最新のトレンドに対応した、安価かつ迅速に生産されれるファストファッションに完全に定着しています。しかし、ファストファッションは非常に無駄を含んでいます。ファストファッション業界で生産された衣服の半分以上が1年以内に廃棄されると推定されています。こうして、Triwoolはポルト工科大学と京都工芸繊維大学の学生チームに、競争力のある生産コストを維持した、完全に円形で持続可能なニット衣服製品の開発を依頼しました。

 

学生チームは、なぜ繊維業界やファッション業界に多くの無駄があるのかを調べるところから、この課題に取り組みました。この課題は、メーカーがエンドユーザーにのみ焦点を当てているという、根源的な問題に根ざしていることが判明しました。製品がいかに持続可能で再利用できるかは考慮されていません。

 

チームは多くのプロトタイプを試しましたが、中心的なコンセプトは最終製品まで一貫していました。彼らは、持続可能なニット衣服製品を作るためにPLA(再生可能バイオプラスチック)とリサイクル綿を合わせたり、ブレンドしたり、縒り合わせたりしようと考えていました。しかし、このソリューションを実現するためには、彼らが利用できない種類の機械が必要でした。彼らは、理想的な製品を作るために必要な技術を持っている地元のパートナーを探し始めました。地元のパートナーの選択肢を探すことで、彼らは持続可能なニット衣服を作るだけでなく、プロジェクトの焦点の1つである二酸化炭素排出量を削減できる循環型経済を実現することを望むようになりました。

 

 

機械の使用のためにTearfilと提携したチームは、最終的に、リサイクル綿とPLAのブレンドで元の繊維を置き換えたニット衣服、Infiniを作成することができました。PLAでニット衣服を作成したこれまでの試みとは異なり、Infiniは使用者から快適な触り心地が賞賛されており、一部のユーザーは通常の綿の生地とほとんど区別がつかないと述べています。Infiniにより、Triwoolは現在、環境にやさしくコスト効率の高いでファストファッションを提供することができます。

Other Projects

plansee.png
ANA.png
kintsugi.png
me310_logo.png
sugar_new.png
dlab_logo.png

ABOUT

HISTORY

NETWORK

RESOURCES

©︎ 2020 ME310/SUGAR Kyoto All rights reserves.