RENORU

老人介護施設での

インターネット接続

フローリングの

​新活用方法の提案

Tarkettが開発したフロア·イン·モーション システムでは、室内での転倒やその他の活動を検出できるフロアパネルを使用しています。Paris-Est d.schoolと京都工芸繊維大学のデザインチームは、フロア·イン·モーションを最も必要としている場所である病院や老人ホームに組み込むとの課題を課されました。

 

Tarkettは、高齢者とその介護者を、モーションセンサーフロアにより最も恩恵を受ける人とすることに決めました。年齢を重ね、健康状態が低下するにしたがって、(原因がどのようなものであろうと)転倒から回復する力も低下します。医療スタッフや介護者は、転倒に注意を払うことで、より迅速に反応して怪我の悪化や高齢者の死亡を防ぐことができます。

 

チームは、介護者の移動カートのタブレットを取り付け、フロア·イン·モーション システムに接続して患者の監視を助ける方法を考え出しました。彼らは、老人ホームでパイロットの使用を計画し、介護者が夜間に居住者を監視し、活動と転倒のリスクにより注意を払えるようにしました。この製品のプロトタイプは、室内でフロア·イン·モーションのフロアパネルと、カートに固定されたタブレットを使用して、介護者がシステムを監視しながら動き回ることを可能にしました。フロア·イン·モーションと学生デザインチームが追加した機能強化により、高齢者にとってより安全で快適な住環境を作り出しました。

年:

パートナー企業:

​チーム:

2016–2017

 

Renault

Norwegian University of

Science and Technology

Erik Aas Borge  

Helge Soltvedt Garsmark

Jonas Neraal Jakobsen       

Kyoto Institute of Technology

Eiji Yoshida Akari Iwamoto

Hayata Umemura

me310_logo.png
sugar_new.png
dlab_logo.png

ABOUT

HISTORY

NETWORK

RESOURCES

©︎ 2020 ME310/SUGAR Kyoto All rights reserves.