RAS

東アジアの溶接現場で、

人間工学に基づく

作業の効率化

フィンランドの溶接機メーカーであるKemppiは、スタンフォード大学、アールト大学、京都工芸繊維大学の学生デザインチームに、ヨーロッパの溶接機製造業者がアジアの溶接市場に進出するための、非常に革新的な溶接装置の開発を依頼しました。

 

アジア市場を調査すると、学生チームは東アジアの溶接工がヨーロッパの溶接工とは異なる動きをすることを認識しました。彼らは左手に手持ちマスクを、右手に溶接具を持っており、制御を行うことや他の物を持つことを困難にしています。それだけでなく、東アジアの溶接工具はリモコン用コネクタを持たないことが多く、溶接パラメータをリアルタイムで制御することが難しく、面倒となっています。残念ながら、この制御の欠如はまた、製品品質の低下を伴います。

 

これらの問題に対処するために、学生チームはRASハットとRASリモートコントロールの2つの部分で構成される、RAS(リモート調整システム)を開発しました。RASハットは、元々リモートコントロールの使用がサポートされていない溶接機にリモートコントロール機能を追加するために使用します。RASリモートコントロールは、BluetoothまたはZigbeeを利用してRASハットに接続し、溶接工が簡単に溶接機パラメータを遠隔制御できるようにします。2つのRASコンポーネントが連携して、溶接工がより高品質の製品を簡単に作成できる、人間工学に基づいた効率的な溶接作業環境を作成します。

年:

パートナー企業:

​チーム:

2009–2010

Kemppi

 

Aalto University

Sirja Luomaniemi Riku Nagasaki

Antti Sonninen Vi Van

Kyoto Institute of Technology

Sho Hirakawa Seiki Ishii 

Wataru Mito Keita Nishiyama

me310_logo.png
sugar_new.png
dlab_logo.png

ABOUT

HISTORY

NETWORK

RESOURCES

©︎ 2020 ME310/SUGAR Kyoto All rights reserves.